photo by Che Chun Liu

Mizuki Takaishi

Mizuki Takaishi is an illustrator / a graphic designer / a visual artist with multi backgrounds including music, social-media activity and psychology.

京都市立芸術大学美術学部デザイン科ビジュアルデザイン専攻卒。音楽活動・ウェブマガジンの運営などの経験にヒントを得て、イラストレーションを中心としたグラフィックデザインを展開しています。現在は神戸に拠点を移し、イニシエーション(通過儀礼)などのトピックをアートの視点から研究しています。


Achievements

2012/2013  KYOTO EXPERIMENT support staff: supported Marcelo Evelin (choreographer/dancer) for his piece "Suddenly Everywhere is Black with People"

2013 Enrolled in free magazine "Antenna" team as a designer

2014 GRAPAC JAPAN Wedys Design Competition: Award of excellence / Production Assistant at Kyoto Art Center 'Artist in Residence' program and supported Stephanie Comilang (director/filmmaker) for her film "The Act of Flirting" / Started performing in a band Easy Yoke as a bassist and as a vocalist

2016 KCUA Annual Exhibition: Encouragement Prize / Easy Yoke released the 1st E.P. "Soft Laws"

略歴

2012/2013 KYOTO EXPERIMENT (京都国際舞台芸術祭)サポートスタッフとして振付家マルセロ・エヴェリンの作品「突然、どこもかしこも黒山の人だかりとなる」の制作補助ほか来日アーティストのアテンドなどを務める

2013 京都のフリーペーパー/ウェブマガジン「アンテナ」での活動を開始

2014 GRAPAC JAPAN主催 Wedysデザインコンペティション優秀賞受賞。この年は京都芸術センターのアーティスト・イン・レジデンスプログラムにて映像作家ステファニー・コミランの滞在制作をサポート。また夏頃からバンドEasy Yokeでの活動を開始

2016 京都市立芸大作品展にて卒業制作「Mutegold」(書籍)が奨励賞を受賞 / Easy YokeファーストE.P. 「Soft Laws」をリリース。同年10月、独立美術協会主催独立展に、大阪府在住のアーティスト村上梨咲(Julia Parry)との共同制作絵画「Eternity」が入選、東京・六本木の国立新美術館にて展示。また産經新聞主催 第14回ポストカード大賞一般の部にイラスト作品「HEAT」入選。大阪市立美術館にて展示。