photo by Che Chun Liu

Mizuki Takaishi

1993年神戸生まれ、京都市立芸術大学美術学部デザイン科ビジュアルデザイン専攻卒のイラストレーター/ グラフィックデザイナー。書籍の装丁からミュージックビデオに至るまで、手描きのイラストを中心にしたデザインを様々な媒体で展開しています。


Achievements

略歴

2012/2013 KYOTO EXPERIMENT (京都国際舞台芸術祭)サポートスタッフとして振付家マルセロ・エヴェリンの作品「突然、どこもかしこも黒山の人だかりとなる」の制作補助ほか来日アーティストのアテンドなどを務める

2013 京都のフリーペーパー/ウェブマガジン「アンテナ」での活動を開始

2014 GRAPAC JAPAN主催 Wedysデザインコンペティション優秀賞受賞。この年は京都芸術センターのアーティスト・イン・レジデンスプログラムにて映像作家ステファニー・コミランの滞在制作をサポート。また夏頃からバンドEasy Yokeでの活動を開始

2016 京都市立芸大作品展にて卒業制作「Mutegold」(書籍)が奨励賞を受賞 / Easy YokeファーストE.P. 「Soft Laws」をリリース。大学卒業後、フリーランスとして活動を開始。同年10月、独立美術協会主催独立展に、大阪府在住のアーティスト村上梨咲(Julia Parry)との共同制作絵画「Eternity」が入選、東京・六本木の国立新美術館での展示後、大阪市立美術館に巡回。

2017 自身初の全編アニメーションミュージックビデオ「メトロ(Ribet towns)」を制作・発表。